HOME>記事一覧>間違えない中古トラックの買い方【年式と走行距離・型番もチェック】

目次

まずは見た目を綺麗に

トラックの模型とお金

高額買取を狙いたい人はまずは売りたいトラックの外見を綺麗にしておく事が必要です。綺麗に利用していても汚れている箇所や傷は必ずあります。なので目立つ傷や気になる汚れがある場合は査定の前に綺麗にしておく事をおすすめします。高価買取を基準には見た目の綺麗さも関係してくるからです。できれば内部機器の交換もしておくと買取査定でプラスの金額が付く事が多いです。どれだけ新品に近づけるかも重要です。

中古トラックを買う時に気をつけたい事

トラックの模型

トラックを定価で購入するとなるとかなりの出費になります。安く購入したいという人は中古トラックがおすすめです。中古トラックだと車種によっては半額以下で購入する事も可能です。ですが購入する際は販売店をよく吟味する必要があります。店舗によっては整備がしっかりとされていない車を多く扱う店舗もあるからです。なのでまずは販売店の評判などをネットで確認しておくのが良いでしょう。最近はネットでも中古トラックを探せるので買いたい車種や形式が決まっている場合は条件絞り込んで探す事も可能です。

良い中古トラックを購入するには?

男性とトラック

良い中古トラックの条件として走行距離が少ないという意見が多いですが、走行距離以外にも見ておくポイントはあります。もう一つ見ておくポイントは車種の年式です。年式が古くても新しい年式よりも優れているトラックはあります。迷ったらトラックの型番と年式を調べて確認しておきましょう。多くの販売店は車の画像をネットに載せている事が多いです。ですが、写真ではよく見えても実際に見ると違っていたという事もあるので販売店を訪ねて自分の目で確かめる事もとても大切です。

トラックの走行距離の限界は一般自動車よりも長い?

女性作業員

トラックの場合も走行距離が長ければ長いほど劣化していきます。ですが、トラックの走行距離の限界は普通自動車よりも長いです。普通自動車の限界走行距離が十万キロであるのに対してトラックの走行距離は百万キロです。なので中古トラックの購入の際はこの数字を基準にして選んでみてください。

広告募集中